二人の女性

キャップは誰にでもできる簡単おしゃれ

可愛い女性

いつものおしゃれに一味加えて、違ったものにしたいなら、キャップを被ってみるのがおすすめです。しかし、自分にはどうもキャップは似合わないと毛嫌いしている方も多いのではないでしょうか?キャップが似合わない人なんて本当はいないんです。自分に合ったキャップの選び方を知るだけで、おしゃれの幅は今以上に大きく広がります。丸顔の方の場合は、野球帽のようなキャップがおすすめです。丸い形になっている為、頭の形にも合います。前の方を浅めにしてかぶると全体的にメリハリがつきます。
面長の方の場合は、高さのあるキャップだと顔がさらに長く見えてしまうため、浅く平たい形のキャップを選ぶのがベストです。その際、出来るだけ深くかぶるようにすると、面長の顔を少し小さめに見せてくれます。
四角い顔の方の場合は、比較的どのようなキャップでも似合います。キャップの被り方や、キャップ自体のデザインによって雰囲気を自由に変えることができるため、自分で色々なアレンジを加えてみるのがおすすめです。
一口に「キャップ」といっても、その種類は様々です。自分にはキャップが似合わないと思う原因には、そもそもキャップをかぶっておらず、かぶりなれていないということが大部分を占めているのではないでしょうか。まず、色々なキャップを、色々な方法でかぶってみましょう。あなたに合ったキャップがきっと見つかるはずです。

格好よく被ろう!ベースボールキャップ

アメリカ人の男の子は、ベースボールキャップが大好きです。野球はアメリカの国技とも言えるスポーツ(実際には国技はないですが)なので、そこで被られるベースボールキャップも大人気です。日本でもベースボールキャップ(野球帽)が人気の時代がありました、1970年代です。当時の小学生は、たいていベースボールキャップを被っていてました。特に巨人軍のマークが入ったベースボールキャップはみんなに人気がありました。
1993年にJリーグが始まると、サッカー人気が一気に加速、ベースボールキャップもあまり被られなくなりました。最近のベースボールキャップは、野球チームのマークだけではなく、いろんなデザインのマークをつけて「野球テイストを感じるキャップ」として作られています。デザインはシンプル、マークも小さめで、上品な感じになってきています。サイズはジャストを選び、色は黒や紺などを選ぶと格好いいです。
被り方もいろいろあります。まず、つばを前にするか、後ろにするかで分かれますが、大人っぽさをだすなら前にしましょう。前髪をベースボールキャップの中に入れて見えないようにするか、髪を坊主にしてしまいましょう。顔がスッキリとした感じに見えます。大人のファッションアイテムとして人気のベースボールキャップを着こなしに取り入れてみましょう。

キャップは便利

キャップと聞くとどのようなものをイメージしますか?おしゃれなイメージでしょうか?それとも散歩しているおじさんが被っているようなものをイメージしますか?キャップは様々な種類があります。例えば、ベースボールキャップ、ニット帽、ハンチング帽、シルクハット、など他にもたくさんあります。キャップを被る事でその人の印象を大きく変える事が出来ます。自分の洋服に合わせてキャップを選べば、とてもおしゃれで可愛いイメージになります。特に最近の若い女性にはそういう人が多いでしょう。また、同じキャップでも被り方で印象を変える事が出来ます。
若い男性が斜めに被ればいわゆるB系ファッションにもなりますし、ベースボールキャップを普通に被れば、よく公園などで散歩している年配の方にも似合います。キャップひとつで色々印象が変わるのが面白いです。もちろんキャップはおしゃれのためだけにあるわけではありません。夏などには、日射病予防にもなりますし、寝起きで近くのコンビニや散歩に出かける時の寝癖隠しにも使えます。キャップには、人それぞれの使い方があります。キャップを長く愛用している人も大勢います。キャップは人によって目的が違うので面白いです。とても重要なアイテムです。


手軽におしゃれ感を出そうと思うならキャップを買うといいでしょう。キャップひとつでおしゃれ度は上がります。自分にぴったりなキャップを見つけて、手軽におしゃれを楽しみましょう。